人気ブログランキング |

<   2016年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2016324日(木)-411日(月)

     

会  場 珈琲舎・書肆アラビク/Luft

     〒530-0016 大阪市北区中崎3214

     t/f 06-7500-5519


参加作家 相場亜紀、大山雅文、おぐらとうこ、かな、神原由利子、菊地拓史、雲母りほ、コリスミカ、てらおなみ、藤本晶子、芙蓉、Qeromalion鳴力 ほか


新作は、木地の鳴子こけしに絵付けしたものを3点、

旧作の絵画「林檎天使」を出品致します。加筆しています。


今年は、人形をどんな風に作っていくか、人形の展示はお休みして考えようと思っていて、

人形展のお誘いを辞退させていただいています。

技術的なことや、どんな作品が作りたいかじっくり考えたかったのです。


ですが、この展覧会では、こけしを出品します。

こけし、何度か作っておりますが、今回は浮き彫りせず、鉛筆で描きました。

作業としては「絵」ですが、立体なので色々な面から見ることができます。

ある種の「ごまかし」や「トリック」が必要で、それが作っていて、とても楽しいのです。

裸の王様、天使、人魚姫です。ニススプレーをかけると、少し黄色がかって、アンティーク調になりました。

裸の王様は、頭上にお城を掲げています。

天使の後姿はまるでお守りの中のような、神秘的な空間が出来たらいいなと描きました。

人魚姫は、頭には薔薇を描きました。そして、泡も。貝の向きは普通と逆みたいですが、私のイメージと言うことで。


お近くの方、ご覧いただけたら嬉しいです。



c0130996_01553367.jpg

c0130996_01544931.jpg

c0130996_01550670.jpg

c0130996_22483167.jpg


c0130996_01541232.jpg


c0130996_02290181.jpg
林檎天使


by kinsunago | 2016-03-22 09:59 | Comments(0)

珍百景、最終回。

最終回、録画してまだ見ていないのですが、珍百景が終わってしまいましたね。
この番組は、私たち親子にとって思い出深いものです。
越してから台所がテレビの部屋と離れてしまったので、すっかりご無沙汰でした。
前のマンションにいた頃は、常にテレビの音を聞きながら家事をしていたので、
面白そうなところに来ると、ヒョイと顔を出してテレビを見るという生活。
珍百景はSスケと笑いながら見た番組のひとつです。

Sスケ、小学校3年生のある日。
学校に用があり、昇降口で靴を脱いでいると、続々とSスケのクラスの子が大根を持って
校舎に上がってきます。
学校の畑で採れた大根の収穫のようです。
しかし、なかなかSスケが来ません。
最後に、先生に叱られながら泣きべそでやって来ました。
先生がおっしゃるには、「小さな大根を抜いてしまったので、大きいのと変えあげて
喜んでいたのに、しばらくすると元のものが良いからまた変えろとか、
わがままを言ってるんですよ」とのことでした。
その最初に引いた小さな大根を見た途端、Sスケのわがままの理由がわかって、
「すみません…」と謝りながらも、おかしくって爆笑しそうなのをこらえておりました。
その小さな大根は、足が3つくらいに別れているものでした。
大人から見たら、よくある大根ですが、売られている大きな一本足の大根しか見たことのないSスケは、
相当珍しいものと映ったようです。
後で、わがままの理由を聞くとやはり私の推理に間違いはありませんでした。
珍百景に出そうと思いついたからだったのです。
その後も度々「お母さんが、目玉のおやじの声で、何でも喋れる」というネタを投稿しようと
しつこく言われていましたが、とうとう、果たせないまま最終回か〜。

すっかり可笑しなわがままは言わなくなりましたが、
Sスケの投稿好きは相変わらず。
ビットワールドの「ハッタリ学園」のネタや、
この間は同番組のゲームアイテムのキャラが採用され、大喜びしていました。

珍百景最終回、Sスケの子供時代の終わりを告げるようで、ちょっと淋しい春です。



by kinsunago | 2016-03-17 11:01 | Comments(0)