人気ブログランキング |

<   2014年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

倉敷ひいな展 出品作品

もう一つの新作は「白馬」です。「遠野物語」より。
過去に何度も訪れてはいるけれど、昨年の夏には久々に旅行して、さらに遠野が好きになり、
「遠野物語」をテーマにした作品を作りたいと思っておりました。
特にオシラサマの怪異で美しい物語が好きで、箱ものを作ろうと白馬のトルソを作り始めました。
箱の中には娘も入れて、背後には桑の木に赤い絹糸が絡められているという構想。
ちなみに、オシラサマはこんなお話です。

東北地方には、おしら様の成立にまつわる悲恋譚が伝わっている。それによれば昔、ある農家に娘があり、家の飼い馬と仲が良く、ついには夫婦になってしまった。娘の父親は怒り、馬を殺して木に吊り下げた。娘は馬の死を知り、すがりついて泣いた。すると父はさらに怒り、馬の首をはねた。すかさず娘が馬の首に飛び乗ると、そのまま空へ昇り、おしら様となったのだという。「聴耳草紙」にはこの後日談があり、天に飛んだ娘は両親の夢枕に立ち、臼の中の蚕虫を桑の葉で飼うことを教え、絹糸を産ませ、それが養蚕の由来になったとある。以上の説話から、馬と娘は馬頭・姫頭2体の養蚕の神となったとも考えられている。ーWikipediaより


臼の中の虫は馬の顔に似ているとした記述も見たことがあります。
蚕の画像を見てみると、確かに似てるような気もします。

白馬の瞳はキラキラと輝くカットグラスで、悲しみと慈愛を湛えよう、
美しい娘が恋するんだから、格好良くしなくちゃね、なんて思いながら作っていると、
だんだんと首を切られた白馬が、新しい体を希望しているような気がしてきました。
色々と仕込んでいたのに、途中で変更するのは時間的にきつかったのですが、
私も人形作りの端くれ、人形(馬形)の指示には従わなくてはなりません。
c0130996_03313643.jpg
天に上った白馬は生まれ変わって、娘との愛を成就させたという物語になりました。

by kinsunago | 2014-02-25 03:42 | 創作 | Comments(0)

2014年2月22日(土)から3月2日(日)まで、
岡山は倉敷で行われる「第8回・和の創作人形 倉敷ひいな展」に参加いたします。
倉敷美観地区内ギャラリー十露本館
平日11:00〜16:00
土日10:30〜17:00
http://hiina2007.web.fc2.com
総勢40名近くの参加作家さんがいらっしゃいます。

荷物を出す際、雪の影響で、何日もかかるかもと言われショック!
初日には間に合わないかもと心配しましたが、
追跡したら、今日のお昼には無事着いたようで、一安心しました。
今回は小さなブースを希望したのですが、家で試しに並べてみるとぎっしり。
飾り付けしてくださった方にはご迷惑かけたかもしれません。
色々感謝しつつ、お手数おかけいまします。

出品作は新作2点、何回か登場の「こけし3姉妹弟」です。
あまりにきつい場合は、「こけし3姉妹弟」はお休みいたします。
正直、見た目は全て「和」ではないかもしれませんが、
素材やテーマに私なりの「和」を盛り込みました。
今回の展示の隠しテーマは自分流「遠野物語」。

ずっとモチーフとして作っている林檎頭の子供を「座敷童」ならぬ「林檎童」に。
北の地の林檎の妖精です。アルルカンではありません。
キットボディで、お座り専門です。
ボディの中には一部重りとして、まるで深紅の血の結晶のようなガラスのペレットが入っています。
ボディの布は藍染め。出来れば「こぎん刺し」を施したかったのです。
庶民がウールを持てなかった時代、雪深い津軽地方では目の粗い麻の着物しか無かったそうです。
寒さを防ぐため、女たちは粗い布にびっしりと刺繍を施しました。
寒さを凌ぐための副産物であるはずの文様が、とても美しく見事です。
遠野は南部地方なので、「こぎん刺し」はやっていなかったかもしれませんが、
雪深い里山の雰囲気を出したかったのです。
結局は技術が無くて断念。だいぶ難易度を落とし、刺し子をしました。
これはこれで、可愛く出来たかな。
c0130996_02355115.jpg

もう一つの新作は、日を改めて紹介いたします。

by kinsunago | 2014-02-22 02:45 | 告知 | Comments(0)