人気ブログランキング |

<   2012年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

土曜日は、延期なしの久々の運動会。
雨が降らなかったのは良かったけど、暑かった〜!
Sスケは、80メートル走、早いグループに入ったので、
ビリかと心配していましたが、辛くも後ろから2番目の5位。
リレーも選手に選ばれたものの、抜かされた?
まぁ、たくさん引き離されたわけではないので、良かった。
踊りも頑張ったし、自分の実力は出し切れたようです。
赤組優勝で、何故か自分の属するチームが4年連続の勝利に酔いしれるSスケであります。
思ったよりも紫外線が強くて、変な具合に手と首が真っ赤になってしまいました。
ヒリヒリして痛い〜!

日曜日は、銅楽展の最終日。
展示していた府中市民ギャラリーは天井も高くて、自在に仕切れるパーテーションも上まであり、
とても市民ギャラリーとは思えないような充実したギャラリーでした。
素敵な作品も沢山あって、親子共々参加させていただいて、とても勉強になりました。
いつの日か、個展や銅楽展以外のグループ展でも、銅版画をお見せできるように
亀の歩みですが、頑張りたいと思っております。
ご来場、誠にありがとうございました。
by kinsunago | 2012-05-28 10:44 | 日常 | Comments(0)

刺繍

林檎王子のボディに貼るつもりの布に刺繍を施しました。

刺繍といえば、小学校の頃凝っていて、
刺繍を施したフェルトの内側にポケットを作り、針や糸、ボタンを入れて、
お針セットにしてやたら人にプレゼントしていたのです。
外側にはあげる人の星座の模様を刺繍していました。
今思うと、もらった人ちょっと迷惑だったかも。
手作りだと捨てにくいよね。

必要ならちょっとはしていたけど、ちゃんとした(?)刺繍は久しぶり。
せっかく刺すのに、格好悪くはしたくない。
本を買って研究しました。
一応オリジナルの図案です。久々にしては良くできた…と思う。
この布は、ほんの少し洋裁を習っていた頃に先生から購入したもの。
自然な感じの風合いのある木綿です。
先生が桜の木で染めたものを購入しました。

PとAが絡まっています。決してPTAとは関係ありません。
「Prince of Apple」を省略化しました。
c0130996_2303150.jpg

by kinsunago | 2012-05-26 02:29 | 創作 | Comments(0)

金環日蝕。銅楽展。

今日は、朝早く起きて、部分日蝕から観察。
雲が多くて見られないかなと諦めていたので、
雲間から見える欠けた太陽が、殊の外美しくうつりました。
ぎりぎり、夕べ日蝕眼鏡を買いに行くも、3つのお店で全て売り切れ。
たまたま余っていた友達に借りにいって、やっと手にした日蝕眼鏡です。
眩しがり屋の私、まだ小学生の息子にとっては観察の必需品でした。
一つの日蝕眼鏡を近所の奥さんとSスケとで回しながら見ました。そんな事も楽しかったです。

ところで、金環日蝕って、なんて心揺さぶるネーミングなのでしょう。
キンカンっていう音の響きがとっても好き。
金管楽器や果物の金柑のお陰もあってか、
「キンカン」という響きは爽やかで涼しくて金属的で、神秘的なものを連想させます。
ドビュッシーの「月の光」を聞いた時の感じに似ています。
やはり、大きな金の指環が雲間から輝やいた時、すうっと涼しい風が吹いたようでした。
見られて本当に良かったな。生涯忘れないでしょう。

そして、明日からは金ではなくて「第六回銅楽展」に出品いたします。
銅版画サークルの展覧会です。
私の作品は、正直まだまだ。作品になっているとは言えないのですが、
会員の方々のレベルの高い作品が沢山あります。
お友達のイラストレーター西谷直子さんS君親子も参加されています。
素敵な作品を出されますよ。
私は、現在の本名、内村理穂で出品しています。Sスケも参加します。
しかし、銅版画って奥が深いです。色々な技法があって。
この先、私には沢山の課題があるみたいです。とほほ。

府中・銅版画学習グループ連絡会 合同作品展覧会
第六回銅楽展
会場 府中市美術館 市民ギャラリー
http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art

2012年5月22日(火)〜5月27日(日)
10時〜17時まで
(初日22日は13時より、最終日27日は16時まで)
by kinsunago | 2012-05-21 23:08 | 告知 | Comments(0)

楽しい放浪

木曜日は、お友達と鎌倉に行ってきました。
久々に合田佐和子さんの個展を拝見してきました。
包み込まれるような美しさを堪能。
その後は、鎌倉の街をリミットまで散策。短い時間だったけど、満喫してきました。

昨日金曜日は、プランタンのイリナ・イオネスコを題材にした「鏡の中の少女たち」展。
スパンアートギャラリーでは、味戸ケイコ展。
その後は、池袋のギャラリー「上がり屋敷」で
ご一緒してもらったオカムラノリコさんが参加されている「かたち」展へ。
和風古民家風のインテリアが、洋風イメージのオカムラ作品にもマッチしていました。
「上り屋敷」。かなり好きな感じの空間でした。
おととい、昨日と素敵な作品が沢山見られて、大満足。

しかし、連日のお出かけ。疲れた〜!
今も一旦寝て起きたところ。これからまた寝ます。
by kinsunago | 2012-05-19 02:42 | おでかけ | Comments(0)

夜の散歩

二十年来のお友達が、実家に帰ってしまうというので、
久々にランチしてきました。
近く結婚もするということで、私も本当に嬉しい!
私の「夜の散歩」という小さな猫の人形を気に入ってくれて、
「結婚祝いにあげるよ」と約束してから、15年以上も経ったと思います。
その前にプレゼントしようともしたのですが、いや、結婚が決まったらと意志も固く。
この度、晴れてプレゼントいたします。
当時、真鍮のネジや釘などをポイントに使うのが自分のブームでした。
しかも小さなオブジェは空洞にはせず、無垢で作っていたためか、
経年で真鍮の釘やネジに緑青があがっていたのです。
素敵に古びた感じより、ちょっと汚い感じになっていたため、
引き抜いて、貼っていた革紐もブレードに変えてリニューアル。
やっとご主人様が迎えにきてくれたね!
c0130996_13535847.jpg

c0130996_13542774.jpg

そのお友達は「貘のおやつ展」のメンバーですから、夢喰いもプレゼントさせていただきました。
とても喜んでくれて、私も感激。
by kinsunago | 2012-05-16 13:55 | 創作 | Comments(0)

林檎の帽子完成

わ〜い!出来た!
林檎の帽子!構想数年。製作期間数週間。
ちんタラ型紙をいじっていたので、製作期間は長いのです。

耳の所のボタンは25年前に行ったイタリアで買ったジャケットに着いていたもの。
その服はドアボーイ風のアンティークで、ボタンが素敵でした。
気に入ってずっと着てたけど、太ってしまい、着られなくなってしまって、
ボタンは取って、お友達に貰っていただきました。
「案内人」にも沢山使ったので、とうとう最後の2つです。

実の部分には綿が入っていて、フカフカです。
茎の生える部分の陥没した所が工夫ポイントです。

リリカにはまたモデルになってもらったけど、
あまりに似合うので、青林檎の帽子でも作ってあげようかな。
c0130996_2532347.jpg

c0130996_2542159.jpg

c0130996_2545588.jpg

それにしても、乱雑な部屋が丸見えですな。
by kinsunago | 2012-05-12 02:55 | 創作 | Comments(0)

ゴールデンウィーク後半は、久々の大風邪を引いて、ダウン。
3日にえらく張り切って銅版画を頑張ったためか、
次の日から寝込んで、5日間くらいはダラダラと寝たり起きたり。
楽しみにしていたランチ会、色々と行きたかった展示も見られず、しょんぼり。
まだ鼻はズルズルしていますが、なんとか復調しました。

林檎の帽子を進めました。
これは長いこと構想して、頭の中でシュミレーション繰り返して
型紙も何度も調整したものです。
本当に仕事が遅いです。
でも、変な物を大真面目に作るのは、とても好きです。
後は、レースとボタン、葉っぱ付け。
まだ林檎王子を組んでいないので、うちのリリカちゃんにモデルを努めてもらいました。
王子より似合ってしまいました。リリカも気にいっている様子です。
c0130996_2555353.jpg

c0130996_2561232.jpg

by kinsunago | 2012-05-11 02:56 | 創作 | Comments(2)

キラキラ(銅版画)

先日の「野ばら」は結局アクアチントは保留にして、
エッチングのみで描き進めています。
兎に角線で、緻密に描き込んだ方が良い気がするのと、
アクアチント、まだやったことがないのでどんな風に入れるのが良いか、
現物を見てから決めたいと思ったからです。
ちなみに、アクアチントというのは、松脂パウダーを撒いて銅版表面を腐食し、
面の濃淡を表現する方法で、エッチングは、銅版に液体(グラウンド)をかけてカバーして、
乾いたらその液体を鉄筆なとで削って絵柄を出していく方法です。
エッチングで、カリカリとグラウンドを削った後
細い線で光る銅が出てくるのが、とても綺麗で心が踊ります。
ビーズを習っていた時に、
キラキラ光る材料を見て、訳もなく興奮した心理状態に似ています。
刷る前の銅版、まだまだな私の作品ですら、とても美しく見えてしまうのです。
これが、銅版マジック!
刷ってみたら「?」てなことも多々あり。
先は長い〜!
c0130996_0574529.jpg


加筆を進めていた大きい方の版、人物のほっぺに誤って傷を作ってしまいました。
バカみたいな失敗をしてしまった〜!
傷を消す方法はあるそうですが、腐食までしまったので結構大変な作業になるそうです。
ショックです。
by kinsunago | 2012-05-01 00:48 | 創作 | Comments(0)