人気ブログランキング |

<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

渡る世間は…

つい見てしまう番組「渡鬼」。
でも、決して夜の本放送は見ません。あくまでも、再放送で見るのです。
つい見てしまう理由…角野卓三さん。キュートな幸楽のお父さん。
特に、ご機嫌酔っ払い姿が大好きです。髪型もナイス!!
Sスケは何故か前田吟さんをさぶちゃんといいます。確かに似てるといえば似てるかも。
そして、毎日楽しみに見ていた「ちりとてちん」がもうすぐ終わってしまう〜!!
底抜けに悲しい…。

土曜日はSスケたっての希望で2人でカラオケに行きました。
ところが、歌を探していると突然「お友達と遊びたい。」と涙ぐみ、
歌もろくすぽ歌わず、私1人にヒーローものだのアニソンだの歌わせるのです。
私もここぞとばかり、懐かしソングを嬉々として歌いまくり、
1時間ほぼワンマンショーを終了いたしました。
若い人には白い目でみられそうなラインナップでした。笑
私1人、楽しかったです。

シモン展、火曜日までです。シモン先生のお人形とっても素敵です!

HPリンク、Dollのページに天野ミサさんのサイトを貼らせていただきました。

c0130996_1145889.jpg

天使(壁掛け)
by kinsunago | 2008-03-24 01:18 | Comments(2)

時々出没!シモン展

月曜日は幼稚園ママ友達と。シモン展へ。
幼稚園に子供を送り終えてすぐに出かけたので、10時5分前に紀伊國屋に到着!
皆人形に特別興味がある訳ではないと思うけど、熱心に鑑賞してくれる。
流石にオープンしてすぐに来る人もいなくて、貸切り状態でした。
その後はお茶→ランチ→お茶。いつまでしゃべるんでしょう?

水曜日、人物表現の友達とSスケで鉛筆派→シモン展。
さっそくK間にお土産をもらい、にやけるSスケ。
鉛筆派展とは鉛筆の魔術師、建石修志先生を中心にした鉛筆画の展覧会です。
毎年、何年も行っているので常連さんは絵を見ればすぐに分ります。
鉛筆というシンプルな画材で、沢山の表現方法とイメージが創られている事に
毎度毎度驚かされてしまうのです。
H田さんの大胆な反則技に大受け!実用にも使えそう。(おっと、これ以上は言えねぇっ!)
お人形仲間のZさんの参加は知っていましたが、T川さんの作品もあって、びっくりしました。
「世の中狭いね。悪い事はできない。」F瀬ちゃん談。おい、君何をしようというんだ…。

ランチ後、皆でシモン展へ。シモン先生とお別れの挨拶をしている「でんでん」さん見つけてしまった!
でんでん…風貌とミスマッチな気障キャラクターで漫談をする「お笑いスター誕生」の常連。
20数年前、良く拝見していまして結構好きだったのです。
私から言わせると、ダンディ坂野はでんでんのパクリではないかと。(ダンディも割と好きですが。)
現在活躍の場をドラマに移したでんでんさん。時折バイプレイヤーとして見かけると、
大変余計なお世話ながら「でんでん(敬称略)もがんばってるなぁ…。」と心の中でつぶやいしまいます。
先生と握手をしている生でんでん。とても良さそうな方でした。
3人で一緒に写真撮ってもらいたかったな…。ずうずうしいですね。
c0130996_3036100.jpg

空の童子
by kinsunago | 2008-03-21 02:56 | Comments(5)

今日は、お友達のOさんとU津さんがいらしてくれるということで、紀伊國屋に行ってきました。
全部揃った状態で見るのは初めて。シモン先生の作品もまだ見ていなかったのです。
シモン先生のお人形、堂々たる少女人形。まっさらな存在感。圧倒されました。
他にも沢山のユニークな人形達が沢山ありました。
ランチに行き、制作のお話しなど尽きない話をしておりました。
OさんとU津さん、2人ともとても素敵なテディベア作家さん達なのです。

私の人形達も少しずつ、おひろめいたします。
c0130996_238562.jpg

天の娘
by kinsunago | 2008-03-17 02:38 | 創作 | Comments(2)

昨日、搬入してきました。
結局、火曜日の晩は貫徹してしまい、ちくちくと衣装というか、原巻き?を縫ってました。
あまりに眠くて、Sスケを寝かしつけながら私も寝てしまい、
Sスケの制服を洗濯しなくてはならなかったので、ちょこっと起きてきました。

私は今回、翼というテーマで、
オブジェ1体、16センチ童子1体、イカルスの末裔(鳥人間)1体、
35センチ天使人形1体を出品します。
あまりにギリギリで、写真が撮れなかったのですが、近々会場で撮ってきますね。

作品全部は揃っていなかったのですが、面白いものが沢山!
皆方向性がそれぞれにあって、見応えあると思います。
会期も長めなので、是非ご覧になってくださいませ。

http://homepage2.nifty.com/ecole-de-simon/2008kinokuniya.html
by kinsunago | 2008-03-13 03:20 | Comments(0)

お久しぶりです。
2月の中旬になんと、息子と相次いでインフルエンザにかかり、1週間を棒にふってしましました!
1日か2日でしたが、節々がばらばらになるのではないかと思うほど痛くて辛かったです。
タミフルのお陰で、あっと言う間に熱は下がったのですが、咳がなかなか抜けませんでした。
今は息子も私もすっかり元気になりました!!

そんなこんなで、行きたかった展覧会で行けないものもあったのですが、
23日に最終日滑り込みで幾つか拝見してきました。しかし春一番が…凄かった…。

表参道のピンポイントギャラリーではつだなおこさんが参加されていた「100葉の賢治」展。100葉の賢治世界をそれぞれの作家が豊かに表現されていて、とてもとても面白かったです。なぜかじ〜んと涙が滲んできました。年か…。
少々ふき飛ばされつつ、銀座へ。エンジェルドールズにて「和人形」展。珠子さんの少女人形が色っぽくてとても素敵でした。そして、時代ものの市松人形の存在感が凄かった。やっぱり夜中見ると怖そうだ。精神的に鍛えられてきたら、いつかは欲しい。いちまさん、好きなんです。
ペッパーズギャラリーでは「アンドロイドは夢をみるか」展。グロテスクで美しい人形を出品されていたみかんさんに解説していただきながら、鑑賞。原田崇さんの人形は非情に複雑な構成で、なぜか出土品を思わせる意欲作でした。そこで、ばったり少しスリムになったS原氏に遭遇。
プランタン銀座では、エコール・ド・シモンの先輩の石橋まり子さん、長谷川裕子さん、去年お茶をご一緒した韓国のチョンさん、イさんの参加されていた人形展へ。スペースは小さくなってしまったのですが、素敵なもの、可愛いものがぎゅっとつまった感じで、楽しい展示でした。

珈琲舎・書肆アラビクさんに置いていただいておりました「マリア」が旅立ちました。私も気に入っていた作品なので、お迎えいただいてとても嬉しかったです。どうぞ、末永く可愛がってやってくださいまし。ありがとうございました。
by kinsunago | 2008-03-01 11:43 | 創作 | Comments(4)