人気ブログランキング |

<   2007年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

24日までノンクプラッツのキラキラ☆ヒカル展で展示しておりました、
「案内人〜紫の瞳」が先日、旅立ちました。
大きいし変わった作品なので、正直行き先は決まらないだろうと思っていました。
今回手を入れて、とても良くなったと思ったので、本当に嬉しかったです。
ご購入いただいた方、誠にありがとうございます。
これで、案内人は2人とも使命を帯びて旅立って行きました。
案内人よ、ちゃんと道に迷わない様にご主人様を案内するのだよ。
やっとのことギャラリーにアップいたしました。「空洞なる者たち」からお入りください。
http://www.geocities.jp/kinsunago/youkoso.html

今日はSスケを連れて、スパンアートギャラリーに桑原弘明Scope展に行きました。
お手伝いでお友達のNさんがライト係りをしていました。
正確ではありませんが、4センチ四方くらいの箱を覗き穴から覗くと神秘的な風景や部屋が見えます。
上や横の穴からライトで照らすと光源が変わることにより、昼から夜の風景に変わったりします。
もの凄く小さな物が入っているのですが、
たとえば机の上に置かれた調度品など、全て手作りだそうです。
目の眩むような精緻な世界でした。Sスケも感心して熱心に見入っておりました。
最終日だったので、混んでいてかなり待ったのですが、その価値は充分にありました。
いつか、私も欲しいな。Scope…。

F町に帰ってきまして、ノンクプラッツにあるお宝を取りに行きました。
それは…シャーレに入った少年の耳。とうとう山本じんさんの作品をお迎えしてしまったのです。
自分の物になって、初めて触ってみたのですが、すべすべしていて
それでいて少しざらっとした感じが、とても気持ちいいです。恍惚〜。
大理石の粉が入っているので、キラキラしています。美しい耳、大切にいたします。
by kinsunago | 2007-12-30 02:28 | おでかけ | Comments(1)

新調

先日、眼鏡を新調しに行きました。
と、いうのも2個あった眼鏡のうち、良くかけていた方のツルが壊れかけていて、
鼻あて(?)部分に負担がかかり、鼻のその部分が痛くなってしまうのです。
レンズも薄くしたいし。
あと、例の眼の衰え…近くの物が見え辛くなる症状が出てきたのです。

先ずは検眼。老眼が進行しているかと思いきや、度数を入れる程でもなく、
近視も乱視も進行していなかったので、度は変えずに作ってもらいました。
でも結局、2、3年もしたら老眼は確実にやってくるようです。

出来上がった眼鏡を取りに行った時、驚いたこと。
「きんすなごさん(仮名)の場合は度数が弱めなので、レンズはかなり薄くなりました。」
みたいな事を言われたのです。
私、25歳くらいから眼鏡をかけているんですが、初めて作った時、
0.05ないと言われてから、視力、相当悪いのだと思っていました。
なんでも、眼鏡屋さんを訪れる人の中では高中低で言ったら低なんですって。
今は0.1か0.2はあるそうです。おっ視力回復してる?(それでも悪いですね。)

最近では健康診断でも、体操の先生(もうやめました)からも、
体の事に関しては要注意マークつけられていたので、
久しぶりに悪くなっていない事があった!と喜んでおります。

前の眼鏡は女芸人系だったのですが、今回は知的な感じにしてみました。???
なかなかの、かけ心地です。
by kinsunago | 2007-12-29 07:30 | 日常 | Comments(2)

どういう事だ?!

Sスケが何度も睨めっこをしたいというので、付き合ってやりました。
「睨めっこしましょ、笑うと負けよ、あっぷっぷ!」
「ぎゃははは!げらげら!」エンドレス笑い袋。
普通の顔で、ちょっと口を半開きにして舌を少し出しただけなんですけど。何度やっても私の勝ち。
夫を加えてみました。
自慢の下唇で得意の松本清張なんかやった日にゃ、誰も太刀打ちできませんでした。
エンドレス笑い袋×2。
大勝利!でも、喜んでいいものでしょうか。
どんな顔になっているのか気になったけど、怖くて鏡見られませんでした。
Sスケの顔もバリエーション豊かでかなり面白いです。

最近、Sスケとお風呂に入る時、
私がパンツ一丁になると、「でもそんなの関係ねぇやって。」と言われる。出来るかっ!

c0130996_1492425.jpg

案内人〜紫の瞳
by kinsunago | 2007-12-27 01:43 | 日常 | Comments(2)

12月、おでかけ日記続きでございます。

15日は幼稚園をずる休みさせて、SスケとSスケの「親友」Rとくん親子と読売ランドへ。
家からだと以外に近くてびっくりでした。
京王線の駅から読売ランド入口までゴンドラに乗り、見晴しの良さに2度びっくり。
新宿高層ビル群や、F駅付近の高層マンションも見える。ゴンドラ、高いのでちょっと怖かった。
遊園地はショーの無い日だったので、人はまばら。
もの凄く長くて怖そうなジェットコースターがありました。
もう乗れません私…。なんせブランコでも気持ち悪くなるので。
どんどん乗り物に乗る子供達。あっと言う間に、無料券は尽きてしまったのでした。

その日の夜からSスケの様子が変。前の日記にも記しましたが、次の日から39度の高熱を発し月火と幼稚園はお休みでした。
18日のOさんとのランチは残念ながらキャンセル。Oさん、年明けには木馬に連れていってくださいね。

21日は人形学校の先輩Nアさんがこの屋根裏部屋に遊びに来てくれました。前日に終業式を迎えたので、Sスケも一緒。クールでかっこいいNアさんが、Sスケとどう接するのか想像もつきませんでしたが、とても上手に接してくれて、あっと言う間にSスケの心を掴んでしまいました。いい女って子供にもわかるのか?…。一仕切り遊んで、ノンクプラッツへ。

22日はエコールドシモンに来年の展覧会申し込みへ。
暫く、シモン展お休みしていましたが、来年は出します。(おいおい、大丈夫か?)

24日本日はとうとう「キラキラ☆ヒカル」最終日。
オークションでは2センチ程のチビビスクを落札!可愛い!しかも激安でした。
クロージングパーティーの最中宴もこれからという時に、家でのクリスマス会のため、後ろ髪を引かれつつノンクプラッツを後にしました。I桁さんのパペット、見たかったな…。
ノンクプラッツとは作家としてよりも主に観客としてお世話になりました。Sスケ、夫共々素敵な展覧会を見せてくださってありがとうございます。今回ご近所のよしみで参加させていただきましたが、とても良い経験ができました。
そしてご来場いただいた方、誠にありがとうございます。

明日(今日)はRま君親子と青物市場へ行く予定。
人形もぼちぼち創っております。

Sスケの枕元にプレゼント置いてやらなくちゃ。
by kinsunago | 2007-12-25 01:59 | おでかけ | Comments(0)

その弐をすぐ書くつもりだったのですが…。
13日(木)ごろからSスケの体調が少しづつ悪くなり、16日(日)からは高熱を発して、月、火と幼稚園休み。今日は終業式だったので、私の貴重なフリーの年末はあっと言う間に終わってしまったのでした。

12月9日はノンクプラッツでオープニングパーティ。憧れの山本じんさんと少しですがお話しできました。私は山本じんさんの10年くらい前からのファンなので、とても緊張&嬉しかったです。やはり大好きな作家さん山吉由利子さんもいらしていたのですが、タイミングが合わず話しかけることができませんでした。(涙)なんせ蚤の心臓なもんで。
「キラキラ☆ヒカル」は技法や流派(あるとすれば)を超えた作家さんが多数参加されている展覧会です。普段お会いできないような方達と知り合う事ができて有意義な夜でした。

11日は割と最近人形を創り始めたというH田さんがノンクプラッツに見に来てくれました。元々絵の学校でのお友達です。繊細でとっても上手い絵を描かれる方です。線の美しさが印象に残っています。なんで急に人形を?と不審に思いつつ…。造形作品も面白い展開がありそうで、楽しみにしています。少し前ですがH田さんのHPをアートのページにリンクしました。
http://www.geocities.jp/kinsunago/menu6-art.html

14日は深瀬優子さんが参加しているグループ展「L'innocente〜文学にみる少年少女の達の心のゆらぎ〜」展を拝見しにギャラリーハウスMAYAへ。贅沢にも深瀬さんの解説付きで鑑賞いたしました。21人の作家がそれぞれ1つの文学作品を選び、絵を描いています。
読んだ作品も読んでないものも、また、読んだ気になっていたものもあります。「たけくらべ」の世界に魔法使いサリーが入ってしまうという話があって、深瀬さんも私も読んだ気になっていたね〜、と意見が一致しました。宇野信哉さんの絵は優しく抑えた雰囲気がサリーちゃんバージョンしか知らないながらも原作の感じを伝えているに違いないと思いました。
知っているものはそれぞれの解釈が面白く、知らないものはその物語を読んでみたくなりました。深瀬さんの「田園交響楽」は寂れた淋しい田園風景と盲目の少女がなんとも詩的で、苦労して描いたという自らの心情も絵の中に込められているようです。とても奥の深い作品でありました。22日(土)までです。
http://www.gallery-h-maya.com/

そして、その後は横浜浪漫館へ「レクイエム展」。今年は少女の球体関節人形が印象に残りました。その他にも様々な素敵な作品がありました。しかし、こんなに沢山の作家さんを発掘して売れっ子にしてしまうMゆきさん、凄い人です。(あ、私はぼちぼちやります。足引っ張ってます…ごめんね…)

続く。
by kinsunago | 2007-12-21 00:53 | おでかけ | Comments(4)

この所、色々な人と出会いがあって沢山の刺激を受けています。

今月の始めには「案内人〜蒼の瞳」の引き渡しが叶いました。お買いいただいたのは韓国の人形作家さんのCさんです。作品の写真を拝見しましたが、ユニークで実験的で、とても先鋭的な作品を創られています。一緒にいらした生徒さんの作品も面白いものでした。
韓国の人形事情はよく分らないのですが、人形に対する真摯な姿勢、ピュアな情熱に私も心が熱くなりました。いつか一緒に何か出来たら楽しいかも!

そして、2日には「クリスマスに願うこと。」展。広い画廊で沢山の作家さんが参加しています。お友達や知っている人がいっぱい。この展覧会は絵画、人形、写真などジャンルは様々ですが、ある趣向で作家さんを集めたので(だと思います)統一感のある空間が出来ておりました。その空間はとても『濃い!』のです。皆さん素晴しい作家さんなので、大変見応えがありました。

そして「宮崎美恵人形展〜the mythical age」へ。宮崎さんはエコール・ド・シモンの先輩です。品のある優しい表情、丁寧に創られた少年少女人形。私は人形の「顔」に大変興味があります。綺麗な顔だけどいじわるそうなものもあるし、かっこいいけど品のない顔もある。(いじわるも品がないのも悪くはないと思いますけど。)
宮崎さんのお人形のお顔は整っていて、なおかつ無垢で美しい精神を感じます。そしてあらゆる仕事が綺麗。良い意味で『職人』の技を見せていただきました。

その日は最後に「アリス幻想」展へ。スパンアートギャラリーにて。ファンで永年絵を習っていた建石修志先生、休学中ですが人形学校の校長先生で尊敬する四谷シモン先生、大好きな宇野亜喜良さん、お友達の人形作家廣田聡美さん、その他の作家さんも…目眩がする程豪華過ぎるラインナップです。アリス…こんな色んな切口が…。私もこの時ばかりは心はアリスになってギャラリーの中を彷徨っていました。あは。

続く。
by kinsunago | 2007-12-16 01:55 | おでかけ | Comments(0)

横浜浪漫館「レクイエム2」展、府中のノンクプラッツクロージング企画「キラキラ☆ヒカル」展に参加しています。
横浜浪漫館「レクイエム2」展には俗称鳥人間…「イカルスの末裔」を出展しています。
翼が上手く出来ず、悩んだ挙げ句逃避行動を繰り返したため、展覧会ぎりぎりの搬入になってしまいました。
翼には苦労したけど、ボディの木目込みや彩色など仕上げの部分では、割とすんなり出来て、
軽やかな作品になったと思います。このまま空へ飛び立てるでしょうか?
タイトルの「イカルスの末裔」。遥か後の子孫をイカルスの意志がこんな形に進化させたというようなイメージです。人はこの世にいなくなった後でも確実に何かを残していると感じていただければ。
「レクイエム2」には沢山の素敵な人形が展示されているようです。少し遠いですが、ゆっくりじっくり人形を見るにはもってこいの所です。
http://home.t04.itscom.net/romankan/

さて、ノンクプラッツ「キラキラ☆ヒカル」展には「案内人〜紫の瞳」を出展します。今日からです。
この作品は数年前に創った作品ですが、様々な所に手を入れてリメークしています。私としては結構良くなったと思います。締まりがでたというか…。気になっていた所、髪の張り替え、アクセサリーの変更、彩色の擦れを直し、ボディーに少々飾り付けなど。リメーク完成後の写真がないのでギャラリーにアップしておりませんが、会期中に写真撮らせていただきますね。こちらも少々遠いのですが、球体関節だけではない色々なタイプの人形があり、人形の世界の深さを見ていただけると思います。会期中、何度かパーティーもありどなたでも参加していただけるようなので、興味ありましたら是非。
http://nonc.jp/
ノンクプラッツはこの企画をもってクローズしてしまいます。赤ちゃんの時からSスケと一緒に度々展覧会を拝見していたのでとても淋しいです。

c0130996_10353152.jpg

画像は横浜浪漫館「レクイエム2」展に出展「イカルスの末裔」
by kinsunago | 2007-12-09 10:36 | 創作 | Comments(2)