人気ブログランキング |

カテゴリ:未分類( 37 )

なんだかんだで

絵を1点、昨日の夕方に搬入してきました。
結局なんだかんだ手を入れて、ギリギリまで描いておりました。
(やっぱり?)
搬入の間、Sスケはお友達家族に交ぜてもらって、夕飯までごちそうになってしまいました。
Rくんママ、いつもありがとう!!感謝感謝です。
皆さんの作品はスペースを考えてか、規定ギリギリまでのサイズの人はほとんどいないようでした。小さいサイズで、センス良くぎゅっと濃縮した作品が多かったです。
私の作品は…うっかり規定より一回り大きいキャンバスを選んでしまったのです。ということで、大きさはずば抜けていました…。大きくて、大味なのが私のです。
沢山素敵な作品がありましたので、是非ご覧くださいませ。
by kinsunago | 2008-05-21 01:41 | Comments(6)

間に合った!

少年展に出品する絵が仕上がりました。いつものパターンで行くと、搬入ギリギリまで描くはめになると覚悟していたのですが、なんと搬入の前日に仕上がっているという快挙。
実はそれもこれも、周りの人達のお陰なのです。先日の土日の家事は完全に旦那まかせ。
今日の幼稚園後はお友達のお家で。明日の搬入日にも違うお友達お家でSスケを預かっていただく予定です。
今回この機会をいただいて、久々に絵筆を握った訳ですが(人形制作ではいつも筆使っていますが)以前真剣に絵に取り組んでいた時より、すんなり形がとれたり、頭に描いたイメージがあれ?という程、誠実に絵に写しとることができたのです。
これは…私の場合新しく開発された絵具アキーラの功績が大きい。油絵具やアクリル絵具と併用できて、とても使いやすいのです。ただ難点は時間を置くと色の感じが変わってしまう気がすること。この絵も1ヶ月先、良く観察してみましょう。
時間がないというのに、とても面倒なモチーフを選んでしまいました。細かい事の得意な器用さも精神もないくせに、いつも何故か挑んでしまう…。実は細かい事、大嫌いなんです。大雑把だし、面倒臭がりやだし。ああ、やっぱり精神的マゾヒストなのだろうか?
ともあれ、久々に描いた。とっても楽しかった!作品としての絵を描く事はいつも苦しいばかりだったのに。たぶん上手くはならないけど、もっと描いてみたくなりました。
ご紹介がだいぶ遅れてしまったのですが、アートのリンクページに草間めぐみさんのブログ、クサマクリップを追加しました。とても才能のあるイラストレーターです。最近はイラスト中心のようですが、詩も絵本もとても素敵なのです。是非ご覧下さいね。
http://kusamaclip.exblog.jp/
by kinsunago | 2008-05-20 01:31 | Comments(2)

本当にご無沙汰になってしまいました。
5月22日(木)より26日(火)まで、高円寺のギャルリージュイエにて
少年展 第一回【ノスタルジック・サーカス】に参加いたします。
http://bg.linksion.com(専用サイト)
久々に筆を握りまして、絵を描いております。バックが上手く描けない。汚いよ〜。
相変らず、デッサン狂い調の不思議絵画でございます。

4月から今まで、色々忙しくてバタバタ日々を過ごしておりました。
まずは、春休み。年度始めの幼稚園早帰り。沢山Sスケサービスしたなぁ。
そして、御縁のあった方から昨年いただいたオーダー(現在は多忙のためストップしています。)
「夢喰い」を創って韓国へ送りだしたり。
「イカルスの末裔」女の子ボディの原型を創ったり。

今は幼い少年の絵を描いています。親の視線で可愛い男の子を表現したいなぁ。
搬入まで、あと数日。がんばります!
c0130996_2243236.jpg

海を渡った「夢喰い」
by kinsunago | 2008-05-17 02:25 | Comments(0)

ばたばたしていまして、遅くなってしまいましたが、3月25日に無事シモン展が終了いたしました。
ご来場いただきまして誠にありがとうございます。
写真というものに奥手な私は、今回も会場全体の写真を撮り損ないました。シモン先生の少女人形、あまりに素敵で高貴な存在感と迫力で、私なんぞのカメラを向けるのも憚られる気がしたのです。
自分の作品は記録を兼ね、気楽に撮ってきました。
搬入搬出を除き、紀伊國屋画廊にはお友達と一緒に3回程行きましたが、オープニングパーティーにも出られなかったので、狐につままれたように、ああ終わっちゃったんだなぁ…。という感じでした。
あの、修羅場の日々はいったい…。私の場合、展覧会っていつでもそんな感じで終わってしまうんです。
生徒の皆さんや、お客様ともほとんどお話しできなかったので、そういう点ではちょっと残念でした。
もちろん、来てくれたお友達や何人かの人とお話し出来たのは、とっても楽しかったです。
そして、シモン先生始め人形に情熱を燃やす皆さんと同じ会場で飾ることが出来て、沢山のエネルギーをいただいたような気がいたします。
遠くからお忙しいところ駆け付けてくださった方もいらっしゃったそうで、ご来場本当にありがとうございました。
c0130996_1341991.jpg

羽根軍団
by kinsunago | 2008-04-03 01:27 | Comments(4)

渡る世間は…

つい見てしまう番組「渡鬼」。
でも、決して夜の本放送は見ません。あくまでも、再放送で見るのです。
つい見てしまう理由…角野卓三さん。キュートな幸楽のお父さん。
特に、ご機嫌酔っ払い姿が大好きです。髪型もナイス!!
Sスケは何故か前田吟さんをさぶちゃんといいます。確かに似てるといえば似てるかも。
そして、毎日楽しみに見ていた「ちりとてちん」がもうすぐ終わってしまう〜!!
底抜けに悲しい…。

土曜日はSスケたっての希望で2人でカラオケに行きました。
ところが、歌を探していると突然「お友達と遊びたい。」と涙ぐみ、
歌もろくすぽ歌わず、私1人にヒーローものだのアニソンだの歌わせるのです。
私もここぞとばかり、懐かしソングを嬉々として歌いまくり、
1時間ほぼワンマンショーを終了いたしました。
若い人には白い目でみられそうなラインナップでした。笑
私1人、楽しかったです。

シモン展、火曜日までです。シモン先生のお人形とっても素敵です!

HPリンク、Dollのページに天野ミサさんのサイトを貼らせていただきました。

c0130996_1145889.jpg

天使(壁掛け)
by kinsunago | 2008-03-24 01:18 | Comments(2)

時々出没!シモン展

月曜日は幼稚園ママ友達と。シモン展へ。
幼稚園に子供を送り終えてすぐに出かけたので、10時5分前に紀伊國屋に到着!
皆人形に特別興味がある訳ではないと思うけど、熱心に鑑賞してくれる。
流石にオープンしてすぐに来る人もいなくて、貸切り状態でした。
その後はお茶→ランチ→お茶。いつまでしゃべるんでしょう?

水曜日、人物表現の友達とSスケで鉛筆派→シモン展。
さっそくK間にお土産をもらい、にやけるSスケ。
鉛筆派展とは鉛筆の魔術師、建石修志先生を中心にした鉛筆画の展覧会です。
毎年、何年も行っているので常連さんは絵を見ればすぐに分ります。
鉛筆というシンプルな画材で、沢山の表現方法とイメージが創られている事に
毎度毎度驚かされてしまうのです。
H田さんの大胆な反則技に大受け!実用にも使えそう。(おっと、これ以上は言えねぇっ!)
お人形仲間のZさんの参加は知っていましたが、T川さんの作品もあって、びっくりしました。
「世の中狭いね。悪い事はできない。」F瀬ちゃん談。おい、君何をしようというんだ…。

ランチ後、皆でシモン展へ。シモン先生とお別れの挨拶をしている「でんでん」さん見つけてしまった!
でんでん…風貌とミスマッチな気障キャラクターで漫談をする「お笑いスター誕生」の常連。
20数年前、良く拝見していまして結構好きだったのです。
私から言わせると、ダンディ坂野はでんでんのパクリではないかと。(ダンディも割と好きですが。)
現在活躍の場をドラマに移したでんでんさん。時折バイプレイヤーとして見かけると、
大変余計なお世話ながら「でんでん(敬称略)もがんばってるなぁ…。」と心の中でつぶやいしまいます。
先生と握手をしている生でんでん。とても良さそうな方でした。
3人で一緒に写真撮ってもらいたかったな…。ずうずうしいですね。
c0130996_3036100.jpg

空の童子
by kinsunago | 2008-03-21 02:56 | Comments(5)

昨日、搬入してきました。
結局、火曜日の晩は貫徹してしまい、ちくちくと衣装というか、原巻き?を縫ってました。
あまりに眠くて、Sスケを寝かしつけながら私も寝てしまい、
Sスケの制服を洗濯しなくてはならなかったので、ちょこっと起きてきました。

私は今回、翼というテーマで、
オブジェ1体、16センチ童子1体、イカルスの末裔(鳥人間)1体、
35センチ天使人形1体を出品します。
あまりにギリギリで、写真が撮れなかったのですが、近々会場で撮ってきますね。

作品全部は揃っていなかったのですが、面白いものが沢山!
皆方向性がそれぞれにあって、見応えあると思います。
会期も長めなので、是非ご覧になってくださいませ。

http://homepage2.nifty.com/ecole-de-simon/2008kinokuniya.html
by kinsunago | 2008-03-13 03:20 | Comments(0)