「ちいさいけれど、確かな希望」展に参加致します。

2016324日(木)-411日(月)

     

会  場 珈琲舎・書肆アラビク/Luft

     〒530-0016 大阪市北区中崎3214

     t/f 06-7500-5519


参加作家 相場亜紀、大山雅文、おぐらとうこ、かな、神原由利子、菊地拓史、雲母りほ、コリスミカ、てらおなみ、藤本晶子、芙蓉、Qeromalion鳴力 ほか


新作は、木地の鳴子こけしに絵付けしたものを3点、

旧作の絵画「林檎天使」を出品致します。加筆しています。


今年は、人形をどんな風に作っていくか、人形の展示はお休みして考えようと思っていて、

人形展のお誘いを辞退させていただいています。

技術的なことや、どんな作品が作りたいかじっくり考えたかったのです。


ですが、この展覧会では、こけしを出品します。

こけし、何度か作っておりますが、今回は浮き彫りせず、鉛筆で描きました。

作業としては「絵」ですが、立体なので色々な面から見ることができます。

ある種の「ごまかし」や「トリック」が必要で、それが作っていて、とても楽しいのです。

裸の王様、天使、人魚姫です。ニススプレーをかけると、少し黄色がかって、アンティーク調になりました。

裸の王様は、頭上にお城を掲げています。

天使の後姿はまるでお守りの中のような、神秘的な空間が出来たらいいなと描きました。

人魚姫は、頭には薔薇を描きました。そして、泡も。貝の向きは普通と逆みたいですが、私のイメージと言うことで。


お近くの方、ご覧いただけたら嬉しいです。



c0130996_01553367.jpg

c0130996_01544931.jpg

c0130996_01550670.jpg

c0130996_22483167.jpg


c0130996_01541232.jpg


c0130996_02290181.jpg
林檎天使


[PR]
by kinsunago | 2016-03-22 09:59 | Comments(0)