水木しげるさんのこと

妖怪界のドン、水木しげる氏があちらの世界にお引越ししてしまいました。
主題歌を歌っていた熊倉一雄さんも今年亡くなりましたね。

私の年代50歳前後は、特に色濃く水木氏の世界に影響された人が多いのではないでしょうか?
もちろん私もそう。
小学生の夏休み、昼寝から目覚めて、汗をかいた肌に風が涼しく感じる頃、
あの下駄の音が流れてくるのです。
4時から1時間、「ゲゲゲの鬼太郎」第二シリーズの再放送を数年間毎年やっていた記憶があります。
後に何度も新しいシリーズを作っていますが、鬼太郎は第二シリーズが一番!
物語、雰囲気共に最高傑作です!
細かいことかもしれないけど、一般の村人も水木さんのキャラクターでなきゃあの不気味な感じは出せません。
後のシリーズでは妖怪以外の人は、普通の可愛いアニメ顔になっているのです。
また、お気に入りなのは、数年前に深夜にやっていた「墓場鬼太郎」。
大人向けの作品です。全てが不気味で、鬼太郎自身もちっとも正義の味方ではない。
容赦ない作りになっていて、とても楽しめました。
ツタヤで借りて、もう一度見たいと思ったけど、見つかりません…。

6年生の頃、運動会で仮装行列をすることになり、
髪型が同じという理由だけで、鬼太郎役をやることになってしまいました。
そんなに小さい目じゃダメだ!という男子の屈辱的指摘により、紙で描いた目玉を貼り付ける羽目に。
いつもはパッチン止めで止めている前髪を垂らし、紺色のベストに黄色いガムテープを縞状に貼り付け、
やはり紺のポロシャツとズボンを男子に借りました。
機転のきく友達が、運動会を見にきていた知らないおじさんから下駄を借りてきてくれました。
その下駄は、歯が高くて何とも立派で。かなりグレードが上がりました。
私の演技を除いては、中々の完成度でした。恥ずかしかったので、モジモジしてしまったのが悔やまれます。
そんなこともあり、鬼太郎は自分にとって特別な存在でした。
半世紀も生きていると、段カットにしたり、ソバージュにしたり、ショートでパーマかけたりと、
その時々髪型も変わっていたはずなのに、気づくと2年ほど前から小学生の時と同じ髪型になっていました。
鬼太郎、今でもすぐ出来そうです。もっとも展示前には砂かけばばあの方が近いですが。
ところで、私は目玉おやじの真似が、もの凄く上手いんです!と自分で言ってしまうほどこの物真似に関しては自身があります。
声優の田の中勇氏が亡くなった今は、是非私にやらせていただきたいとまで思っています。笑
あの声で、色んなセリフを言えますよ!

数年前、朝の連ドラでやった「ゲゲゲの女房」。
はまってしまい、録画含め毎日3回見ていました。
向井さん素敵❤️とファンになったつもりが、ゲゲゲ以降のスタイリッシュな向井さんは、全く萌えないのです。
その時、私は気付きました。私が愛していたのは、向井さんではなく水木しげるさんだということに…。

4月に引っ越してしまいましたが、
水木さんの住んでいた調布市と隣接する府中市に27年住んでいられたことに感謝しています。
水木しげるさんのご冥福をお祈りいたします。

同じような内容を昔の記事で書いてました〜。

c0130996_00505155.jpg
冬のお気に入りスポット。


[PR]
Commented by まーしゃ at 2015-12-14 22:54 x
何シーズンかわからないけど髪さまって妖怪が怖かった。
ヅラみたいのが飛んでくるだけなんだけどね。
Commented by kinsunago at 2015-12-15 00:19
憶えてる!村中の人の髪が飛んでいって、髪様の元に集められるんだよね!
by kinsunago | 2015-12-14 00:56 | 日常 | Comments(2)