彩色

兎に角最善を尽くそう、ということで
38センチ林檎王子、絵具塗り進めています。
天気も良くなったから乾くことを願って!

人形の油絵具の彩色は、下地、メディウム、方法、
試行錯誤で、やっと自分の表現したい感じができるようになりました。
速乾メディウムは使うとその名の通り早く乾くのですが、
その分伸びが悪くなり、油絵具の長所が生かしきれず、
後のひび割れの心配もあります。
とすると、時間がかかっても速乾は使いたくないのです。

いつもは「コバルトブルー」を使っていますが、
今回の下地は「テールベルト」。草色です。
古典絵画のような雰囲気が欲しいと思いました。
(古典絵画は下地にテールベルトを使うことが多いそうです。)
白を入れないと割と濃い色なので、肌色になるまでは心配で気弱になったりします。
やっと蛙状態から脱したものの、あまりまだ体調が良くない感じ。
早く元気にしてあげたい。でも、焦りは禁物ですね。
下地に寒色系を使うと透明感がでて、複雑な肌色が出来るので、
手間がかかってもはずせない行程なのです。
c0130996_1730851.jpg

[PR]
by kinsunago | 2012-03-20 17:21 | 創作 | Comments(0)