人気ブログランキング |

武将

ご無沙汰しておりました。
18日程、今年も飽きもせず八幡平に行って参りました。
東京では、毎日放射線のこと、食品の産地のことを気にして生活していましたが、
八幡平ではこの際、何も気にせず山での生活を楽しんで来ました。

今年も甥と息子は虫取りに夢中でした。
ところがカブト虫メス40数匹に比べ、オスは3匹のみ。
ある日、甥が不思議な虫を持って帰ってきました。
鳥に胴体を喰いちぎられた頭だけのクワガタ。
角を見ると元の体であれば、かなり大きい立派なクワガタのではないかという甥の弁。
なんと残った2本の足を元気に動かしています。
初めは、活き造りの魚が動くようなものかと思い、とても恐ろしかったのですが、
何時間経っても増々元気。虫ゼリーまで食べているのです。
奇妙な光景に頭を捻っていましたが、
失ったのは3パーツに別れているうちの一番下のみなので、
生命を維持するための器官は失っていないのだろうという推察に落ち着きました。
とはいえ、失ったパーツが半分以上の面積を占めているため、
頭だけに見えるのです。
皆「アタマさん」とか「アッターマン」と呼んでいました。
初めは気味悪がっていた私ですが、旺盛な生命力に徐々に惹かれていき、
尊敬の念まで抱くようになり…ことあるごとに彼を見にいきました。
元々が虫嫌いということもあり、私自身は最後まで触ることはできませんでしたが、
指を持っていくとかじったりもしたそうです。
威嚇のポーズをした様は正に戦国時代の武将の兜。
ある日の朝、えさを口にした跡を残し、絶命していました。
甥が拾って来てから丸4日間生きました。そして、彼は庭の片隅にひっそりと埋葬されました。
by kinsunago | 2011-08-27 01:40 | おでかけ | Comments(0)