奇鈴、終了

奇鈴、2点出来ました。わりと小さいのですが、細長い作品です。
自分で作った人形を描いたので、形を把握するのが妙に早かったです。
いつも最終的に、中間色っぽくなり、ぼやけた感じになってしまうので、
色のコントラストに気を付けました。
いつもは勇気がなくて、なかなか使えない黒っぽい色を乗せました。
実はこの黒っぽい色は絵具の「Black」ではありません。
「Black」を使うと画面から浮いてしまうので、
「Vandyke brown(ヴァンダイクブラウン)」+「Indigo(インディゴ)」等濃い色
で「Black」を作った方が良いよ、というT石先生の教えを実行しました。
コントラストを上げると、中間の調子の幅が増えるので、
とても描きやすかったです。
このムッシーニ社製の「Vandyke brown」を買ってから、色々重宝しています。
半透明で、伸びがいいので、影に使うといい感じ。渋い名脇役です。
そして、もう1色とても気に入っている色、
やはりムッシーニ社製の「cobalt turquoise(コバルトターコイズ)」。
この色は他のメーカーではどうしても駄目なのです。
発色が素晴らしい。この微妙に入った緑っぽさの匙加減もいい。
ところが、これがびっくりする程値の張る絵具。
小さいチューブでも定価だと5千いくらかするのです。
(私は世界堂で買うので、3割引きになります。)
この美しい色をポイントに使うことが多いのですが、活かしきれているといいんだけど。
c0130996_2213513.jpg


素敵な布花作家のかわい金魚さんのブログをリンクさせていただきました。
本サイト、リンクのページ「Others」よりお入りくださいませ。
[PR]
Commented by まーしゃ at 2010-09-16 17:09 x
久々にPCから見ております。
絵の具なんか全然買わなくなったからそんな高価な色があるとはビックリ!

PCでイラスト描く時もブラック一色よりも混ぜた方がいい具合だったりしますな。
Commented by kinsunago at 2010-09-16 22:25
その色は、本当にお高いんだけど、この描き方だと以外と絵の具を使わないので、もしかしてアクリルなんかより経済的かもしれないよ。

あ〜、確かにPCでも色混ぜるね。
グレーなんかもブラックを薄くしたものより、3色混ぜたグレーの方が良い色が出たような。
by kinsunago | 2010-09-16 02:07 | 創作 | Comments(2)