カテゴリ:告知( 22 )

c0130996_16543363.jpg


パレットギャラリーの装幀画展、現在開催しております。
11日(日)17時まで。
http://palette-gallery.jp
画家がそれぞれ、自分の好きな文庫本を選んで
絵を描き、さらに装幀をしたものが、実物の本にかけられます。
原画とともに本も展示されております。
本は手にとって、裏表紙や背表紙も見てください。
皆さんの作品、とても面白いです。
実際に出版されているカバーもファイルされておりますので、
見比べていただくとさらに面白いと思います。

私は自分が人形も作ってることもあり、
大好きな物語「ピノッキオの冒険」を選びました。
ほとんどの方が、なんとなく知っているであろうこの物語は、
百年以上も前にイタリアで書かれた児童文学で、完訳版が、とても面白いんです。
たくさんのエピソードと登場キャラクター、
ナンセンスな展開にびっくりすることでしょう!
ご存知の通りジェッペット爺さんに作られた人形のピノッキオが、
人間になるために奮闘する物語なのですが、
彼のいけない行動から、これでもか!というほど酷い目に遭ってしまうのです。

教訓的に書かれた話のはずが、自己中で、浅はかなピノッキオがイキイキしていて、
とても可愛い。
皮肉にも人形のピノッキオが、これぞ人間の子供という性格なのです。
まるで小学時代のSスケを見てるようです。
そして、悪役の狐や猫も面白く、その他たくさんの魅力的なキャラクターが出てきます。

今回の私の作品は、たびたび現れてピノッキオを助ける瑠璃色の髪の仙女と、
嘘をついたため、鼻がのびたピノッキオを、聖母子像を意識して描きました。
ピノッキオに殺されてもなお彼を心配し、お説教をする百歳のコオロギ、
たったの?9時間で戸を開けてくれたかたつむりも登場させました。
また、お気に入りのシーンも入れました。
病気になってしまったピノッキオが、薬を拒否したため、
棺を担いだ4匹の真っ黒い兎が現れるのですが、
怖れをなしたピノッキオが慌てて薬を飲み、
兎たちはピノッキオを連れて行くのを諦めて空の棺を担いで去って行く、
というシーンです。

この物語のタイトルの中にある「冒険」感が全くない絵ですので、
実際の表紙画にはならないと思いますが、
この展覧会ならではの「冒険」をしてみました。
[PR]
by kinsunago | 2016-12-07 16:51 | 告知 | Comments(0)

装幀家の高橋千裕さんに紹介いただき、
麻布十番パレットギャラリーの装幀画展に参加いたします。
高橋千裕さんも参加されております。
この展覧会は、作家が自分の好きな文庫本を自由に選び、
オリジナルの装幀画を描くというものです。
そして、その絵を装幀して実際の文庫本に付けて一緒に展示いたします。
カバーの装幀データの提出日が、搬入日よりかなり早いので、
データ提出後、絵につい加筆してしまい、装幀作品とは若干変わってしまいました。
その違いも楽しんでいただけたら、幸いです。
久しぶりにデザインをしましたが、固い感じになってしまいました。
でも、自分の作品を使ってデザインするのは、ワクワク楽しかったです。
全ての作品について、絵をお買い上げ頂いた方には、
オリジナルカバー付きの文庫本もお付けします。
ちなみに、DMデータの締め切りはもっと早かったので、絵はさらに変わっております。

c0130996_1583876.gif

c0130996_1585687.gif

http://palette-gallery.jp

素晴らしい作家さんたちの中に入れていただいて、光栄です。
大好きな物語を心を込めて描きました。見ていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします。
[PR]
by kinsunago | 2016-11-28 02:06 | 告知 | Comments(0)

搬入してきました。素敵な作品が揃っていました。
少女の騎士道ということで、アイディアがかぶるかなと危惧していましたが、見事に皆違っております。
10日火曜日までです。於画廊・珈琲Zaroff http://www.house-of-zaroff.com

c0130996_23575149.jpg
「夜を抜けて」/油絵具・樹脂絵具/F4

c0130996_23440256.jpg

c0130996_23441397.jpg
「愛の戦士」/鳴子こけし・鉛筆
c0130996_19171763.jpg


[PR]
by kinsunago | 2016-05-04 00:05 | 告知 | Comments(0)

5月5日(木)から5月10日(火)まで、
初台Zaroffにて、「少女の騎士道」展に参加いたします。
http://www.house-of-zaroff.com
私は、絵画1点、こけし1点を出品いたします。
是非ご高覧ください。

c0130996_17163077.jpg
c0130996_17163655.jpg


[PR]
by kinsunago | 2016-04-27 17:18 | 告知 | Comments(0)

2014年2月22日(土)から3月2日(日)まで、
岡山は倉敷で行われる「第8回・和の創作人形 倉敷ひいな展」に参加いたします。
倉敷美観地区内ギャラリー十露本館
平日11:00〜16:00
土日10:30〜17:00
http://hiina2007.web.fc2.com
総勢40名近くの参加作家さんがいらっしゃいます。

荷物を出す際、雪の影響で、何日もかかるかもと言われショック!
初日には間に合わないかもと心配しましたが、
追跡したら、今日のお昼には無事着いたようで、一安心しました。
今回は小さなブースを希望したのですが、家で試しに並べてみるとぎっしり。
飾り付けしてくださった方にはご迷惑かけたかもしれません。
色々感謝しつつ、お手数おかけいまします。

出品作は新作2点、何回か登場の「こけし3姉妹弟」です。
あまりにきつい場合は、「こけし3姉妹弟」はお休みいたします。
正直、見た目は全て「和」ではないかもしれませんが、
素材やテーマに私なりの「和」を盛り込みました。
今回の展示の隠しテーマは自分流「遠野物語」。

ずっとモチーフとして作っている林檎頭の子供を「座敷童」ならぬ「林檎童」に。
北の地の林檎の妖精です。アルルカンではありません。
キットボディで、お座り専門です。
ボディの中には一部重りとして、まるで深紅の血の結晶のようなガラスのペレットが入っています。
ボディの布は藍染め。出来れば「こぎん刺し」を施したかったのです。
庶民がウールを持てなかった時代、雪深い津軽地方では目の粗い麻の着物しか無かったそうです。
寒さを防ぐため、女たちは粗い布にびっしりと刺繍を施しました。
寒さを凌ぐための副産物であるはずの文様が、とても美しく見事です。
遠野は南部地方なので、「こぎん刺し」はやっていなかったかもしれませんが、
雪深い里山の雰囲気を出したかったのです。
結局は技術が無くて断念。だいぶ難易度を落とし、刺し子をしました。
これはこれで、可愛く出来たかな。
c0130996_02355115.jpg

もう一つの新作は、日を改めて紹介いたします。

[PR]
by kinsunago | 2014-02-22 02:45 | 告知 | Comments(0)

c0130996_00491339.jpg
c0130996_00543372.jpg
ミニ個展「冬薔薇〜ふゆさうび」展、折り返し地点も過ぎ、
残り4日となりました。今度の日曜日26日までです。
会場のぼらん・どぉるさんは、懐かしい和風の寛ぎの空間です。
ミニ個展のコーナーの他にも、沢山の作家さんの素敵なお人形がありますので、
ゆっくり楽しんでいってください。

メインの画像になった約90センチの「モイラ」人形と、
兎の抱き人形「アリスうさぎ」はお家が決まりましたので、
今回の展示以降はお目にかかれなくなります。
この機会に、ご覧いただけたら嬉しいです。
そんな「アリスうさぎ」はスカートを脱ぐとこんなペチコートを履いています。

お次ぎは「大きな夢喰い」のご説明を。
首と腰が関節になっていますので、ポーズをつけたり、
このように座る事も出来ます。
道化師の帽子もゴムで引いているので、
ぐるりと鈴を胴体側に回すこともできます。
それからよく、貼ってある布に興味を持たれる方が
いらっしゃいますので、少し、布について記します。
じつはこの唐草模様の生地は、50年以上前の母が若い頃着ていた
ワンピースです。すでにアンティークですね。
初めて布を貼った作品から、10年以上も大切に使ってきました。
今まで布を貼った作品を沢山作ってきましたが、
結局この布が一番貼りやすいのです。
しっかりと綺麗に貼れて、なかなか豪華に見えますが、
色は渋いというところが気に入っています。
さりげなく刺繍が入っていたり、模様の一部に金や銀が印刷されていたり。
母の実家は、決して裕福ではなかった(というよりも…)のですが、
祖母は良い生地で洋服を仕立ててくれたそうです。
昔の人のお金の使い方はすごいなと思います。
こうして、50年以上経っても、しっかりと使えるものなのですから。
この生地は残念ながら、とうとう残り少なくなってしまいました。
ちびりちびり使っていましたが、意を決して、大きく作った貘に貼りました。
そんな祖母の気持ちが入った布なので、心して貼りました。
他にも、お家を探している作品もありますし、
もちろん見に来ていただけるだけでも嬉しいのです!
是非、遊びに来てください。

[PR]
by kinsunago | 2014-01-23 02:00 | 告知 | Comments(2)

遅くなりました。明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

年末、Macや周辺機器を新しくしたので、使い方が分からなかったり、
ソフトのトラブルがあったりして、年賀状がすっかり遅れてしまいました。
なんだかんだ睡眠不足がたたったのか、今週始めから風邪を引いてしまい、
個展前だというのに、寝込む始末。
ドルスバラードさんにおんぶに抱っこで、ご迷惑おかけしてしまいました。
今日夕方くらいから、とても具合が良くなってホッとしました。

搬入も立ち会えず、お任せしてしまったので、
どんな風に飾っていただいたのか、楽しみです。

折しも寒波がやってくるとのこと。暖かくして、遊びに来てください。
私は、風邪を完全に治したいので、11日土曜日は自粛して、
12日日曜日2時くらいから在廊しようと思っております。

雲母りほミニ個展「冬薔薇〜ふゆさうび〜」
1月11日(土)〜26日(日)火曜日定休
11:00〜19:00
http://www.dolsballad.co.jp/
c0130996_23525802.jpg

[PR]
by kinsunago | 2014-01-10 23:55 | 告知 | Comments(2)

今年もお世話になり、ありがとうございました。

突然ですが、新年1月11日(土)から26日(日)まで、
ぼらん・どぉるさんで、ミニ個展をしていただけることになりました。
今回は、旧作が中心ですが、ここ数年の間に作った人形や絵を展示させていただきます。
展覧会のタイトルは「冬薔薇〜ふゆさうび」。
これは冬の季語で、そのままの意味です。
特別な薔薇の種類ではなく、冬に咲いている薔薇のことをいいます。
ぼらん・どぉるさんの、懐かしい暖かなイメージと
冬の中庭にひっそりと咲く薔薇のイメージを重ね合わせてみました。
冬の日にゆっくりとご覧いただけたら幸いです。

雲母りほミニ個展「冬薔薇〜ふゆさうび〜」
1月11日(土)〜26日(日)火曜日定休
http://www.dolsballad.co.jp
よろしくお願いします。

[PR]
by kinsunago | 2013-12-28 02:25 | 告知 | Comments(0)

Twitter始めました。

ようやく意を決してMacを購入しました。
旧マシンは9年も使っていてマメにアップグレードもしなかったので、
出来なくなってしまったことが多すぎました。
新マシンは、あんなことも、こんなことも簡単に出来てしまう!
軽くカルチャーショックです。
Facebookもサクサク画面が見られるので、今更楽しくってグルグル回っています。

またもや今更ですが、Twitter始めました。
全くつまらないことをつぶやいています。
私は普段から、独り言が多いので、そんな感覚で使ってみようと思いますが、
たまには告知もさせていただきます。
お暇な時にでも覗いてみてくださいね。

年明け早々にミニ個展を開催していただくことになりました。
2・3日したらまた告知させていただきます。よろしくお願いします。
c0130996_02465772.jpg


[PR]
by kinsunago | 2013-12-23 02:48 | 告知 | Comments(1)

なんだか、彩色をのんびりやっていたら、壷にはまってしまい、
徹夜してしまいました。
値段をつけたのですが、有名イラストレーターさんたちをさしおいて、
多分一番高値をつけてしまいました〜。
お恥ずかしいのですが、手間はかけましたので、お許しください〜。
ユニークで素敵な作品ばかりです。
プロアマ問わず、色々な人が参加されていて、とってもユニークな展覧会ですよ。
昨日の告知に画廊のHPアドレスのせてなかったので、貼っておきます。
松戸のギャラリーです。ゲイツインギャラリー宇
http://www.gates-inn-gallery.com/
姉妹弟はこのようになりました。
c0130996_1162547.jpg

c0130996_1165037.jpg

[PR]
by kinsunago | 2013-10-15 01:20 | 告知 | Comments(0)